退職祝いには胡蝶蘭の鉢植えを

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」「純粋な愛」です。
今までお世話になった方が定年や結婚などのおめでたい理由で職場を去る場合、
第二の人生が幸せなものになることを願って贈るのに相応しいはなむけの花言葉を持っています。
胡蝶蘭の鉢植えはお祝いごとや、お目出度い時に贈られることが多いので、
無事に職務を全う出来た暁に贈られる贈答品として相応しいといえます。
開花時期が周年の為、時期を問わずに贈れます。
花持ちの期間も10日~15日程と長めなので、贈られた方をじっくりと思いだして余韻に浸れるます。

また、胡蝶蘭は匂いが少なく、日本人の好きな可憐さと豪華さを併せ持つ稀有な花です。
その為、相手を選ばずに贈れる、贈りやすい花とも言えます。
胡蝶蘭の鉢植えは3本立て~5本立ての2万円~3万円の鉢が人気です。
「死」「苦」に通じて縁起が悪いため、4本立て、9本立てはありません。
胡蝶蘭の鉢植えは数万円程度から高額なものまでありますが、
一概にあまり安価なものがないのが特徴です。
その為、胡蝶蘭の鉢植えを贈られて嫌な気持ちになる方も少ないはずです。
感謝や労いの気持ちを込めて、メッセージカードなどを添えて贈ってください。

高級感があり花持ちがよく、長期間目を楽しませてくれる胡蝶蘭の鉢植えですが、
胡蝶蘭の鉢植えには、花が落ちた後にも楽しみがあります。
胡蝶蘭は寒さに弱いのが特徴ですが、花が落ちた後に冬を温室などで大事に越させることが出来ると、
翌年には株が増えて、また美しい花が咲くのを楽しめます。
その為、退職後に趣味に使える時間が増える場合や、
園芸やお花の好きな方の定年退職祝いの贈り物には最適です。

そんな素晴らしい胡蝶蘭の鉢植えですが、鉢植えの為、小ぶりでもかなりの重量があります。
贈答品に人気の3本立て~5本立ての鉢でも10キロ近くあるのが主になります。
その為、もしタクシーで帰るとしても自宅への運び入れや、下すときに大変になります。
最近ではフラワーサービスのお店で、送別会の会場への搬入と運び出しと、
ご自宅への配送サービスを行っているところもあるそうです。
有効に活用したいですね。

また、 胡蝶蘭は実はとても世話がしやすく、一週間に一回程度の少ない水やりで充分です。
しかし、多くの人が逆に水をあげすぎて枯らしてしまいます。
水やりは慣れていてもついついあげすぎてしまうので、水分計をつけて一緒にプレゼントすると喜ばれます。
水分計とセットにして胡蝶蘭を贈ることで翌年も楽しんで欲しいという気持ちも伝えられます。